話題のラグビーワールドカップ!観戦した割合は?

rugby
この秋イングランドで開催されたラグビーワールドカップは、ニュージーランドが初の二連覇を成し遂げ幕を閉じました。日本代表は、24年振りの勝利を、優勝候補とされた南アフリカからもぎ取り、世界中から注目を集めましたね。初戦で歴史的勝利を収めたニュースが流れたことから、これまでラグビー中継に興味がなかったけれど「盛り上がってるし、ちょっと観てみようか」となった方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、ラグビーワールドカップについて、アンケートを行い、どのくらいの人が今回のワールドカップを通してラグビーに興味を持ったのか調査してみました。

■約4割の人々が今大会の生中継を観た!

「今回のラグビーワールドカップの試合の生中継を観たことはありますか?」の質問には42.2%の人が「はい」と回答。日本代表の予選突破に関わってくるアメリカ戦直前に、今回のアンケートが始まりましたがそれでも4割を超える人が、ラグビーワールドカップに注目していたようです。

■スコットランド戦よりサモア戦の方が人気

2

歴史的勝利を収めた南アフリカ戦の生中継を観た人は25.5%と、4人に1人。各メディアで報じられ、期待がかかる第2戦のスコットランド戦は、観た人が大幅に増えるかと思いましたが、意外にも27.5%と2%の微増でした。しかし第3戦のサモア戦では36.3%と大幅に上昇。スコットランド戦よりも勝利の可能性が高いとみられていたためか、サモア戦の方が人気がでるという結果になりました。

■代表への期待が大幅に高まった今回のワールドカップ

 

3

4

今後、代表戦が見たいかという質問と次回大会でベスト8に進出できるかという質問いずれも、半数がYesと回答。これまで、勝利から遠ざかっていたことを考えると、期待が急上昇していることがわかります。

***

惜しくも敗退となった日本代表ですが、2015年のラグビーワールドカップは、日本ラグビー界にとって飛躍の大会となりました。3勝をもぎ取ったことはもちろんですが、人々の興味を惹きつけることにも成功しています。次回は2019年に日本で開催されることが決まっているラグビーワールドカップ。日本代表初のグループリーグ突破に期待しましょう。